生まれたばかりの頃は養育ってこんなに困難んだなと世間の女はすごいなと尊敬していました。
今は養育にも慣れてデイリーを面白く、たまにはアバウトや憂さ晴らしをして過ごしています。
娘が朝起きてから寝入るまでだんだん減り張りが付いてきて時間日付が定まって来ました。。。とは言っても、こういう時間にやらないと愚図ってしまうから。どうしても眠たくなってしまってねんねのスパンがこういう時間になってしまう。などと娘の歩みに合わせた勝手に決まって言う時間日付になっています。
デイリーをおんなじペースで過ごしていると一緒に過ごしている女の時間日付もだいたい決まって来る。
ところが、マイホームに帰郷したり彼のマイホームに行った折などには今まで通りの日付で暮すのは難しくなってしまう。それは仕方ないかな。と思っていますが、なるべく今まで通りの日付になるように頑張りたいのが思いだ。なぜなら愚図ってしまうから。眠たくなってしまうから。などの理由があるからだ。
賢く父兄には説明してわかってもらい夕食の外食のスパンやスタートのスパンを娘時間に合わせてできるのですが、なかなか上手くいかないのは彼のマイホームに行った折だ。賢く伝えたつもりでもちょっとぐらい安全!慣らしていかないとどこにもいけない。などと言われてしまい遅い時間の実行になってしまい、案の定愚図って喚き出して騒いでしまう。
周りの女相棒に話を聞いてもやっぱり自動的に時間日付が定まっていてマイホームや彼のマイホームに行くとスパンが狂ってしまうと悩んでいました。
苦痛は苦痛ですが、ずっと貫く苦痛ではないので臨機応変に対応して一番に娘の事を考えてあげたいなと思いました。